2015年8月27日木曜日

うちのタマ知りませんか?

お盆のあたりから、いつも納骨堂に陣取っていた
「タマ」が姿を見せなくなりました。

どこいっちゃたのかな…?
ひとなつっこい子だったので、どこかのお家にお邪魔しているのかな…?

首輪をしており、連絡先が記載されています。
もし見かけた方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけると幸いです。

無事だといいのですが…







2015年6月26日金曜日

第37回足立の花火

2015年7月18日(土)に第37回「足立の花火」が開催されます。
午後7時半〜
荒川の河川敷に行くと、大迫力の打ち上げ花火を見ることができます。

今年のパンフレットもかっこいいです。
このパンフレット、足立区の各ご家庭に
配られているそうです。












なかをぺらぺらめくると…











VIPペットサービスも毎年協賛させていただいてます。
ぜひ見つけてみて下さい。


************************************************************
ペットの葬儀・火葬なら
VIPペットサービス 
足立区を中心に東京23区〜埼玉、千葉、神奈川までお伺いします。

VIPペットサービスのネコたち〜その2

東京も雨がしとしとと降り始めました。

雨宿りしてないかな、と車の下をのぞいて見ると…
いました!


暗くてよく見えない…

白ひげがかっこいい、黒(ちょっと白)ネコの
ターちゃんです。

目つきがいいでしょ?














************************************************************
ペットの葬儀・火葬なら
VIPペットサービス 
足立区を中心に東京23区〜埼玉、千葉、神奈川までお伺いします。

2015年6月23日火曜日

VIPペットサービスのネコ達

2013年の12月に事務所で飼っていたクロが交通事故に遭い
亡くなってしまってからほどなくして
事務所にふらりと茶トラと白のネコがやってきました。

「みー」と名付けられたこの子、弊社の敷地内をよくうろうろしているので
見かけたらかわいがって下さいね。
そして、最近またふらりとやってきたこの子
 納骨堂でよく休んでいます。たまちゃんです。

もう一匹遊びによく来る子がいるのですが、今見かけないので
また今度ご紹介しますね。














************************************************************
ペットの葬儀・火葬なら
VIPペットサービス
足立区を中心に東京23区〜埼玉、千葉、神奈川までお伺いします。

2014年3月11日火曜日

東日本大震災に寄せて

2011年3月11日の震災から3年が経ちました。

思えば、震災後は亡くなるペットちゃんが多かった気がします。
飼い主様に伺っても余震が続いていたためか、ペットちゃんが落ち着つかない、とよく聞きました。

弊社は足立区にあるため、計画停電の対象地区でした。
そのため、計画停電が実施される場合は、予約がキャンセルとなります、と案内をしていました。
火葬炉は灯油があれば動く、という訳ではありません。電気制御です。そ停電になったら、燃料があっても、火葬炉を動かす事は出来ないのです。

そもそも、その灯油も手に入りませんでした。燃料屋さんからは、当分、燃料の供給は約束できないと言われ、家庭用の灯油を入れる赤いポリバケツを自転車に積んで、何度もガソリンスタンドを往復しました。ガソリンの供給が間に合わず、開店休業状態のガソリンスタンドも、灯油は残っている事が多かったです。

ガソリンもなかなか手に入らなかったため、できうる限りお迎えに伺う事はせず、直接来ていただく様な対応をせざるを得ませんでした。幸いその点は飼い主様も意を汲んで下さいました。当時はみんな同じ様な思いをしていたのだと思います。

あれから3年が経ちました。早くもあり、遅くもあり、今年の3月11日も、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、災害時の備えに思いをめぐらしております。


法受寺:春の合同慰霊祭のお知らせ

二月は関東も二度の大雪に見舞われ、まだまだ寒い日が続いております。

さて、本年も法受寺、春の合同慰霊祭の季節となりました。

3月16日(日) 14:00~ 

受付は13:00~です。

本年は1回のみの開催です。
皆様のお越し、心よりお待ちしております。

2013年12月16日月曜日

訃報:クロが亡くなりました

12月7日 弊社で飼っていた猫:クロが亡くなりました。交通事故です。

午前中の早い時間に清掃局から連絡があり、路上でお宅の猫が轢かれている、と連絡がありました。首輪に名前と連絡先の入った札を掛けていたので、清掃局に回収されずに済みました。

朝、いつもの様に餌を平らげ、散歩に出かけました。普段と変わった様子もなかったので突然の事で驚きました。

クロは、十数年前に、荒川区の路上で亡くなっている動物の回収事業を行っている時に、“亡くなった猫”として回収してきた段ボールの中に居ました。火葬炉に移動している途中に鳴き声を発し、慌てて動物病院に連れていき、一命を取り留めました。先生の診断は生死は五分五分。冬なのでだいぶ弱っていた様です。しかし、2週間の入院の後、見事に回復して戻ってきました。なかなか運の強い猫でした。

しかし、生まれて数か月で拾われてきたとはいえ、野良猫の習性は抜けず、外に行かないと落ち着かない。そのため、猫の飼い方としては失格ではありますが、外に自由に遊びに行っていました。お腹がすくと帰ってくるという憎めない猫でした。

事務所のスタッフも気持ちの整理がつかず、火葬は12月9日に行いました。今は事務所内の自分のベットがあった場所にお骨となって鎮座しております。

合掌